JaNISS 概要

2000年代以降、世界の人道支援、開発支援における安全状況が厳しさを増す中、日本のNGOは、各団体がそれぞれ事業実施に際して安全管理能力の向上に努めると共に、アフガニスタン、南スーダン、中東等、地域毎に有志団体が集まって情報交換を行う等してきました。しかし、2015年2月のシリアでの邦人人質殺害事件を受け、NGO全体として安全管理能力の向上とアドボカシーに取り組む必要があるとの認識が生まれ、2015年9月より有志団体が集まり、勉強会を重ねました。そして2016年6月にInterAction, UNHCR等から講師を招いて開催されたワークショップ(主催:ジャパン・プラットフォーム)にて、コミットメントを表明したNGO有志団体がアクションプランを策定し、同年8月にJaNISSを結成、以後日本のNGO全体の安全管理能力の向上のため、プランの実施に努めています。

名称 NGO安全管理イニシアティブ(JaNISS)
Japan NGO Initiative for Safety and Security, JaNISS
設立年月日 2016年8月1日
事務局所在地 東京都新宿区西早稲田2-3-18 アバコビル5F
特定非営利活動法人 国際協力NGOセンター内
活動目的 人道支援及び開発支援を行う日本のNGOの、安全管理に関する能力向上とそのためのコーディネーション。

  1. 日本のNGOの安全管理に関する共通基準の策定と、その確認制度の設計と運用
  2. 日本のNGOの安全管理に関する能力強化、研修に関する情報提供、研修機会の提供、人材の紹介等
  3. 日本のNGOの安全管理に関する日本政府、メディア、世論に対するアドボカシーと啓発
世話人 穂積武寛(世話人代表、難民を助ける会)
石井宏明(難民支援協会)
小美野剛(CWS Japan)
松尾沢子(国際協力NGOセンター)
山本英里(シャンティ国際ボランティア会)
山本理夏(ピースウィンズ・ジャパン)道山恵美(プラン・インターナショナル・ジャパン)
幹事 池田未樹(税理士)
規約 JaNISS規約(2018年7月19日改訂)

 

JaNISS概念図(2016/12/23版)

PDFファイル

JaNISS概念図

加入団体

メンバー団体

協力団体

コーポレート・パートナー


※コーポレート・パートナーは、個々のアドボカシー活動へのご賛同をいただいているわけではありません。